コンプライアンス

コンプライアンス

企業倫理憲章

レオパレス21では、企業理念である「新しい価値の創造」に基づいた事業展開の実現に際して、そのプロセスの中に「企業倫理憲章」を制定し、代表取締役社長がその精神をグループ会社全役職員に浸透継続的に伝達させることにより、法令遵守と社会理念の遵守を企業活動の原点とすることを徹底しております。

関連情報

コンプライアンスホットライン

レオパレス21グループでは、役職員が法令違反や不正行為などを発見した場合に、相談や通報を受け付ける「コンプライアンスホットライン」を社内(法務グループ)及び社外(弁護士事務所)に設けています。
コンプライアンスホットラインは、公益通報者保護及び当社内部通報規程に則り、通報者の保護とともに、調査結果に基づいた適切な対応を行い、問題点の改善を行っております。また、会社に対する意見具申も受付し目安箱としての役割も果たしております。
尚、当社と継続的に業務上の取引をしているお取引先事業者の役職員の方が、当社における法令違反や不正行為などを発見した場合の相談・通報窓口として「パートナーホットライン」も合わせて設置し同様の対応を行っております。

コンプライアンスマニュアル・カード

レオパレス21グループの全役職員が企業倫理憲章に対する理解を深め、業務遂行において実践できるよう、企業倫理憲章に基づく行動基準を定めたコンプライアンスマニュアルを全役職員に配布し、周知徹底を図っております。 また、企業倫理憲章の要旨とコンプライアンスホットラインについて記載したカードを全役職員が常に携行しております。

コンプライアンスマニュアル・カード

教育研修

コンプライアンスの推進には、役職員一人ひとりに意識・知識を徹底することが必要かつ重要となります。レオパレス21グループでは、社内・社外講師による集合研修をはじめ、Eラーニングによるオン・デマンド研修など定期的な研修を継続的に実施し、コンプライアンスと倫理観の更なる向上を図っております。

主な教育研修テーマ(2014年度)

  • 「コンプライアンスについて」
  • 「情報管理」
  • 「契約書管理」
  • 「ハラスメント」

反社会的勢力への対応

レオパレス21グループは、企業倫理憲章に「反社会的勢力との関係の排除」を明記するとともに、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは一切関係を持たず、毅然とした対応を行っております。

贈収賄防止

レオパレス21グループは「贈収賄防止方針」を定め、事業を展開するあらゆる国・地域において贈収賄の防止に取り組みます。

関連情報

情報開示

当社は、株主や投資家の皆様に対して、経営の透明性・客観性を確保するための情報開示に努めております。決算発表の早期化、インターネット配信等のタイムリーなディスクロージャーに加え、ニュースリリースの適時配信、決算説明会の開催、株主に向けた事業報告書の発行、投資家に向けたアニュアルレポートの発行、外国人株主向けIRの適時実施など、積極的なIR活動に努めております。

情報セキュリティ

当社は、アパートオーナー、入居者の皆様の個人情報をはじめ、企業情報を適切に管理するため、情報管理体制の強化を進めております。

個人情報については、コンプライアンス委員会が中心となり、管理本部長を個人情報統括責任者として、個人情報保護法をはじめ関係諸法令及び当社プライバシーポリシーに基づいた適切な利用・管理を行うとともに、万一、事故が発生した場合も迅速に対応できるよう体制を構築しております。



特別なお知らせ

  • レオパレス21各サイトの更新情報
  • オーナー様向けサービス クラスエル
  • オーナー様専用ホットライン
  • お問い合わせ
  • 広瀬すずさん出演 TVCMのご紹介
  • グアム知事杯2017
  • 藤田光里選手応援サイト
  • 村田理沙選手応援サイト
  • 今平周吾選手応援サイト
  • EXECUTIVE MEMBERS
  • インターネットIR優良賞
  • Gomez / IRサイト総合ランキング銅賞(2015年4月)


レオパレス21のサービスサイト

© Leopalace21 Corporation. All Rights Reserved.