公共団体等との連携

公共団体等との連携

公益財団法人日本対がん協会と連携

女性活躍およびワークライフバランス向上に注力

レオパレス21は、「女性活躍推進研修の実施」、「テレワークの導入」、「ダイバーシティフォーラムの実施」など、女性が働きやすい環境整備を進めており、こうした取り組みが評価され、2017年3月に経済産業省と東京証券取引所が女性活躍推進に優れた企業を選定する「準なでしこ」に選定されました。

レオパレス21は今後も女性活躍およびワークライフバランス向上につながる施策を通じて、社会と共に発展していく活動に取り組んでまいります。

4年連続で「ピンクリボンフェスティバル2019」へ協賛

公益財団法人日本対がん協会などが主催する、乳がんの早期発見・診断・治療の大切さを伝えるための活動である「ピンクリボンフェスティバル2019」に4年連続で協賛しました。

ピンクリボンフェスティバルでは、参加者がピンクリボンのサポーターとして街を歩き、乳がん検診の大切さを広める「スマイルウオーク」の他、シンポジウムやセミナー、デザイン大賞などさまざまなイベントが開催されます。

当社は、全国のレオパレスセンターなどにピンクリボンフェスティバルのポスターを設置し、ご来店のお客さまにも少しでもピンクリボン活動にご関心をお持ちいただけるよう取り組んでおります。また、事業所内へピンクリボン運動推進自動販売機を設置し、売上の一部を"乳がんをなくす「ほほえみ基金」"に寄付する取り組みを行っております。自動販売機での商品購入を通して当社社員もピンクリボン活動に参加し、当社グループ全体として乳がんへの関心を高めてまいります。

ピンクリボンフェスティバル2019
神奈川県、横浜市と連携

『不動産利活用フォーラム』に特別協賛

レオパレス21は、近年社会問題となっている空き家問題に取り組む企業として、2017年7月17日に「あなたの実家を空き家にしない対策セミナー」(開催:神奈川県川崎市)に続き、2018年9月8日に「不動産利活用フォーラム」(開催:神奈川県横浜市/主催:神奈川新聞社・テレビ神奈川)に特別協賛しました。

不動産利活用フォーラムでは、地域の重点課題である「空き家・空き地」という社会問題について、様々な角度から参加者の皆さんと一緒に考えることをテーマに、不動産事業プロデューサーであるオラガ総研株式会社の牧野知弘氏をはじめ、ファイナンシャルプランナーやNPO法人、大学教授といった方々の講演やパネルディスカッションを実施。

今回、レオパレス21はフォーラム前後に開催される個別相談会及び企業出展ブースへ参加し、レオパレス21が行っている空き家対策のご案内や、空き家や不動産に課題を抱える参加者の情報収集及び問題解決に取り組んでおります。本協賛を通じて、当社がCSR活動の一環として掲げる公共団体等との連携による社会貢献を図ってまいります。

なお、レオパレス21は、2018年6月18日に、東京都が公募する「東京都空き家コーディネーター」の事業者として選定されました。
ニュースリリース:http://www.leopalace21.co.jp/news/2018/0618_2529.html

『不動産利活用フォーラム』に特別協賛

不動産利活用フォーラムwebサイト:http://www.unei-jimukyoku.jp/akiya/

札幌市との連携

「札幌市消防団協力事業所表示制度」に認定

札幌市が実施している「札幌市消防団協力事業所表示制度」とは、消防団と事業所の連携を促進し地域の防災力の強化を図ることを目的に、札幌市が消防団に協力している事業所に対して社会貢献の証として表示証を交付する制度です。

近年、消防団員の人員不足や高齢化が社会的課題となっています。レオパレス21は、これまで消防団活動を積極的に支援してまいりましたが、この度、2018年6月20日(水)に「札幌市消防団協力事業所表示制度」に認定されました。今後も、当社は社会貢献活動の一環として、消防団員募集チラシの作成、寄贈、イベントへの参加を通じて消防団活動を支援してまいります。

「札幌市消防団協力事業所表示制度」に認定
仙台市と連携

「WAKE UP!!(ワケアップ)仙台・ごみ減量キャラバン2017」に協力

仙台市では「1人1日あたりの家庭ごみ排出量450グラム以下」を目指し、2016年度より『WAKE UP!!(ワケアップ)仙台キャンペーン』を実施しております。2017年度は新たな取り組みとして、集合住宅が多い地域におけるごみの分別に関する調査啓発活動を実施しました。

レオパレス21は、キャンペーンの趣旨に賛同し、また仙台市内において賃貸アパートなど多くの集合住宅の運営、管理を行っていることから、『集合住宅ごみ集積所調査啓発キャラバン』(2017年11月1日~11月10日)に参加し、仙台市と連携して調査啓発活動に取り組みました。

WAKE UP!!(ワケアップ)

当社は今後も、「地域社会への貢献」を目的とした活動に積極的に協力し、地域での環境美化活動、安心して暮らせる街づくりに寄与してまいります。

地域社会への貢献
奈良県と連携

キャリア形成を支援する「女子大学生 ワーク&ライフEXPO」に参加

2017年10月21日(土)、奈良女子大学体育館において奈良県が主催する、女子大学生のキャリア形成・県内就職促進プロジェクト「女子大学生 ワーク&ライフEXPO」に参加しました。

「女子大学生 ワーク&ライフEXPO」は、女子大学生、大学院生、短期大学生、専門学校生、奈良高専生及び既卒3年未満の女性を対象とした就職支援イベントです。『プラチナくるみん』取得後、初となる女性活躍推進イベント参加になります。

キャリア形成を支援する「女子大学生 ワーク&ライフEXPO」に参加

女子大学生が本格的な就職活動を始める前に、先輩女性社会人のリアルな話を聞くことができ、企業との交流を通じて、「働く自分のイメージ」を描けるようサポートをしています。このイベントにおいて当社は、ステージ上での「県内企業パネルトーク」、丸テーブルを囲んで学生と交流する「企業テーブル」(産休後の賃貸店舗 女性店長が参加予定)、「制服試着コーナー」の3つのプログラムに参加し、女子大学生のキャリア形成を支援いたします。

国土交通省近畿運輸局と連携

参加費無料の「留学生セミナー&お食事会&座談会」開催

参加費無料の「留学生セミナー&お食事会&座談会」開催

国土交通省近畿運輸局と共同で、11月2日(木)16時より、レオパレスセンター大阪(大阪市北区浪速町14-22 8F)にて、海外からの留学生向けイベント「留学生セミナー&お食事会&座談会」を開催しました。
「留学生セミナー&お食事会&座談会」では、多くの留学生が苦労している面接対応や就活マナーなどについてのセミナー、日本でのお部屋探しの流れおよびレオパレス21が外国籍の方に提供しているサービスのご紹介を行いました。その後、参加留学生とのお食事会と座談会を実施しました。

セミナー等を通じて留学生をサポート

政府は2020年までに訪日客数を4,000万人にする目標を掲げていますが、大きな課題となっているのが、訪日客が日本に来てどのような点(場所や標識等)に困ったかを正確に把握し、日本での生活の不安を払拭することです。
レオパレス21では、日本にくる留学生をサポートするべく、国内外の拠点で母国語によるお部屋探しのお手伝いや入居後の相談窓口を設置しています。こうした取り組みが観光行政を担う国土交通省の課題解決に合致する部分があり、この度の共同開催にいたりました。また、今回のイベント開催には、厚生労働省大阪外国人雇用サービスセンターにもご協力をいただきました。

セミナー等を通じて留学生をサポート
千葉県と連携

『家族de決めよう!合言葉運動』 を実施

特殊詐欺の広報用名称として募集した「電話de詐欺」(でんわでさぎ)を広報活動に使用し、「安心・安全まちづくり」のため様々な取り組みを積極的に実施している千葉県の考えに賛同し、2017年10月より、千葉県内のレオパレスセンター11店舗で特殊詐欺(振り込め詐欺など)について注意喚起する『家族de決めよう!合言葉運動』を開始しました。
チラシを活用し、ご来店したお客様がご家族と電話で連絡する際の"合言葉"を決めていただくことで特殊詐欺被害防止の注意喚起を実施し、安心して暮らせる街づくりに寄与してまいります。

『家族de決めよう!合言葉運動』 を実施
茨城県と連携

働き方改革推進の一環として従業員が茨城県へトライアル移住

茨城県が推進する『茨城県 トライアル移住・二地域居住推進プロジェクト』は、茨城県が東京圏に立地する企業と協力し、従業員のトライアル移住を行うことで「働き方改革」や「地方進出」を積極的にサポートする取り組みです。

レオパレス21は本プロジェクトに賛同し、首都圏で官公庁向けの営業を担当している男性従業員および東京都内で人事業務に従事している男性従業員の合計2名がそれぞれ水戸市、守谷市に2017年8月から12月まで移住しました。IT技術を活用した在宅勤務を積極的に取り入れることにより、従業員の移動の負担を減らし、勤務の時間や場所に捉われない多様な働き方を推進します。レオパレス21は今後も、従業員が継続的に働ける環境を整備するための取り組みを、積極的に行ってまいります。

働き方改革推進の一環として従業員が茨城県へトライアル移住
埼玉県、埼玉県警察と連携

「防犯のまちづくりに関する協定」を締結

子供や女性、高齢者を犯罪被害から守るとともに街頭犯罪や侵入盗などの犯罪防止に向け、企業・県・県警の三者が連携して安全・安心な県民生活の実現を図ることを目的とした「防犯のまちづくりに関する協定」を埼玉県と埼玉県警察と2018年2月7日に締結しました。

当社物件に防犯カメラやセキュリティシステムの導入を引き続き推進するほか、事業所での「防犯ステッカー」貼付や埼玉県警察と連携しアパートオーナー様むけの防犯セミナーを実施することで、地域住民の安全・安心な生活をサポートしてまいります。

「防犯のまちづくりに関する協定」を締結
埼玉県、深谷市と連携

『ふかやシティハーフマラソン』とコラボ企画を実施

『ふかやシティハーフマラソン』は近代日本経済の父といわれる『渋沢栄一』生誕の地である、花のまちふかやの豊かな自然を肌で感じながら駆け抜ける大会として人気を博している、埼玉県深谷市の市民マラソンです。

当社は深谷市の活性化を支援するべく、地域社会貢献の一環として、2017年より『ふかやシティハーフマラソン』とコラボレーション企画を実施しております。2018年開催の際は、大会会場のステージにてレオパレス21看板リスの"レオパリスくん"とのじゃんけん大会や撮影会を行ったほか、企業ブースにてマグネットを扱ったDIY講座を実施しました。

『ふかやシティハーフマラソン』とコラボ企画を実施

また、当社の賃貸物件の壁紙を自由に変更できる「my DIY」サービスを活用し、"ふっかちゃん"をイメージしたお部屋を深谷市内のショールームで作り、2018年4月1日~30日の期間限定で一般公開いたしました。

沖縄県、那覇市と連携

「災害時における賃貸住宅の提供に関する協定」を締結

近年、大規模な自然災害が多発している中、那覇市では災害が発生した際の備えを 目的とした民間企業との連携による支援協定をおこなっています。
那覇市での災害発生時に被災者に対し、公営住宅や仮設住宅が十分に確保できない場合を想定し、当社が管理する賃貸住宅の情報提供及び住宅提供にて支援を行う「災害時における賃貸住宅の提供に関する協定」を締結しました。
官民連携による災害対策としての協定は、沖縄県及び当社としても初となります。

今後も住まいを提供する企業として、人々の安全・安心な暮らしを守ることはもちろん、災害時においても、地域住民の方々への支援活動を積極的に取り組んでまいります。

「災害時における賃貸住宅の提供に関する協定」を締結
愛媛県と連携

「安全で安心なまちづくりに関する協定」を締結

愛媛県が定めている「犯罪の起きにくい安全で安心なまちづくり条例」に基づき、県内の事業者や多くの団体が防犯に取り組んでいます。当社は愛媛県警察との連携により、自らのステークホルダーはもちろん、県民が安心して暮らすことができる社会の実現に向けて継続的に活動することを目的として、協定書を締結しました。

活動の一環として、当社アパートの入居者が目にする掲示板に、愛媛県警察と共同で制作した特殊詐欺防止を啓発するオリジナルチラシを掲載いたしました。

「安全で安心なまちづくりに関する協定」を締結
鳥栖警察署と連携

『防犯啓発活動への協力』

鳥栖警察署では自転車盗難とニセ電話詐欺の抑止を重点課題としており、その防犯対策啓発に取り組んでいます。

この度、啓発活動の一環として、レオパレス21・鳥栖警察署・鳥栖地区防犯協会連合会にて、自転車盗難とニセ電話詐欺の防犯対策を趣旨としたチラシの作成を行いました。2019年2月26日、鳥栖警察署長から完成した防犯対策啓発チラシを贈呈されました。贈呈されたチラシは、鳥栖警察署管内の当社管理物件へのポスティングならびに、新たにご入居される方への配布を行い、防犯についての啓発協力を実施して参ります。 

『防犯啓発活動への協力』


ハラスメント撲滅宣言

3時間タイマー機能付きエアコンが設置されているお部屋にお住まいの入居者様へ

災害対応について
災害対応について

特別なお知らせ

  • レオパレス21が、コスト削減・労務軽減・業務効率化を実現します!
  • オーナー様向けサービス クラスエル
  • オーナー様専用ホットライン
  • レオパレス21取引先事業者様専用ホットライン
  • お問い合わせ
  • インターネットIR優良賞
  • Gomez / IRサイト総合ランキング銀賞(2019年)


レオパレス21のサービスサイト

© Leopalace21 Corporation. All Rights Reserved.