スポーツ振興・文化振興・公共団体等との連携

スポーツ振興

グアム知事杯ゴルフトーナメント2018 開催

当社が運営するレオパレスリゾート グアムに併設されている「レオパレスリゾート カントリークラブ」において、グアム政府観光局主催「グアム知事杯女子ゴルフトーナメント2018」が2018年2月15日(木)、16日(金)の2日間に渡り開催されました。レオパレスリゾートグアム所属の藤田光里選手、村田理沙選手がホステスプロとして参加しました。

本大会には研修生からベテランプロまで多くの女子ゴルファーが参加し、しのぎを削りました。本大会で優勝した選手が、そのシーズンで活躍することも多く、若手の登竜門として選手の育成にも繋がっております。

第16回優勝者 岡山絵里選手

第16回優勝者 岡山絵里選手

藤田光里選手

藤田光里選手

レオパレス21 ミャンマーオープン2018 開催

レオパレス21はAsian Tour International Ltd.と一般社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO)が共同主管する男子プロゴルフトーナメント「レオパレス21ミャンマーオープン」に2016年より3年連続でタイトルスポンサーとして協賛し、2018年1月25日(木)から1月28日(日)まで、ヤンゴン市(ミャンマー連邦共和国)郊外のパンライン・ゴルフクラブにて開催されました。本大会では大会初出場となる石川遼選手をはじめ、宮里勇作選手、池田勇太選手、今平周吾選手など、JGTO所属、アジアンツアー所属の約150名のツアープレーヤーが参加し、日本およびASEAN地域でのライブ放映も実施されました。

また3回目の節目となる今大会では、期間中にビジネスフォーラムを開催し、ミャンマー現地の有力企業約120社170名の経営幹部の方々にご参加頂き、今後のビジネス展開に備え、積極的に当社の国際事業を紹介し、関係を築きました。

当社は本協賛を通じてASEAN地域での知名度を向上させ、現在レオパレス21が注力している国際事業(ASEAN地域における日系企業・駐在員への現地物件紹介、およびサービスアパートメントやサービスオフィスの開発・運営、他)の更なる発展を図ってまいります。

「レオパレス21ミャンマーオープン2018」優勝者のポール・ピーターソン

「レオパレス21ミャンマーオープン2018」
優勝者のポール・ピーターソン

『壱岐ウルトラマラソン2018』に特別協賛

レオパレス21では、以前より壱岐島内にコールセンターやサービスセンターを開設し、地域の雇用創出や移住促進を支援するなど、壱岐市と関わりがあることから、2016年、2017年に引き続き、2018年10月20日に開催された大会のメインスポンサーとして特別協賛しました。

「壱岐ウルトラマラソン」は2015年4月に壱岐島が日本遺産第1号に認定されたことを記念して2016年に初めて開催され、2018年で3回目となります。大会を通じて、壱岐市が誇る歴史、文化、自然、パワースポット、グルメなどの多くの「しまの宝」を全国各地アピールすると共に、市民一体のおもてなしにより新しい交流のストーリーが育まれ、壱岐市の観光振興、地域振興に寄与することを目的としています。

『壱岐ウルトラマラソン2018』に特別協賛

今大会では大会名に「神々の島」というキャッチフレーズが付きました。壱岐には150を超える数の神社が点在しており、この数々の神社はこの島に住む人たちにとって日々の暮らしの一部であり、心のよりどころとなっていることから付けられました。ランナーの皆様も、この神秘の空気に満ちた壱岐で神様の息吹を感じながらマラソンをお楽しみいただけたのではないでしょうか。

今大会も例年と同様に100kmと50kmの部門が設定され、合計で655名、うち当社からは陸上部メンバーを含む9名が出走しました。

『壱岐ウルトラマラソン2018』に特別協賛

過去3回の壱岐ウルトラマラソンの結果は以下の通りです。

2016年(第1回大会) 2017年(第2回大会) 2018年(第3回大会)
出走者 完走者 完走率 出走者 完走者 完走率 出走者 完走者 完走率
100km 344名 166名 48.0% 361名 251名 69.5% 448名 326名 72.8%
50km 211名 113名 53.1% 248名 226名 91.1% 207名 180名 87.0%
555名 279名 50.3% 609名 477名 78.3% 655名 506名 77.3%

本協賛を通じて、当社がCSR活動の一環として掲げるスポーツ振興による社会貢献を図ってまいります。

壱岐ウルトラマラソン2018webサイト:https://iki-ultra.jp/

『姫路ヴィクトリーナ』とスポンサー契約締結

レオパレス21は、姫路ヴィクトリーナの取り組みに賛同し、2018年8月1日付けでスポンサー契約を締結しました。

株式会社姫路ヴィクトリーナは、2016年3月14日に日本初の女子プロバレーボールチームを運営する企業として設立され、バレーボールクラブの運営やバレーボール選手のマネジメント等を事業内容としております。また、バレーボール大国日本の復活への貢献やバレーボールを通じてジュニア育成を含めた地域活性化に取り組んでおります。
なお、取締役ゼネラルマネージャーには前 全日本女子バレーボール代表監督の眞鍋政義氏、監督には前 全日本女子バレーボール代表の竹下佳江氏が就任されております。

本契約を通じて、当社がCSR活動の一環として掲げるスポーツ振興による社会貢献を図ってまいります。

『姫路ヴィクトリーナ』とスポンサー契約締結1
『姫路ヴィクトリーナ』とスポンサー契約締結2

福岡ソフトバンクホークスとチームスポンサー契約締結

レオパレス21は、福岡ソフトバンクホークスと2018年度シーズンのチームスポンサー契約を締結しております。2018年度シーズン期間中は、福岡ソフトバンクホークスのヘルメットにレオパレス21のロゴがデザインされます。

当社はグアムで運営するレオパレスリゾート・グアム施設内の総合スポーツ施設『パン パシフィック・スポーツセンター』にて、多くのアスリートに施設を提供することで、スポーツ振興を図っております。また、以前よりコールセンターやサービスセンターを開設している長崎県壱岐島にて、2年連続でウルトラマラソン大会に特別協賛をしているほか、ミャンマーでの男子プロゴルフトーナメントやグアム島での女子ゴルフトーナメントの協賛を行っています。

福岡ソフトバンクホークスとのチームスポンサー契約締結を通じて、競技の更なる発展と、当社がCSR活動の一環として掲げるスポーツ振興による社会貢献を図ってまいります。

福岡ソフトバンクホークスとチームスポンサー契約締結

『特定非営利活動法人ザ・ファースト・ティ・オブ・ジャパン』にゴールドパートナーとして協賛

レオパレス21は、特定非営利活動法人ザ・ファースト・ティ・オブ・ジャパンの取り組み内容に賛同し、2018年5月1日にゴールドパートナーとして協賛いたしました。

特定非営利活動法人ザ・ファースト・ティ・オブ・ジャパンは、『子供たちにゴルフを通じて人格形成と人生に充実感をもたらす多様な価値観を促進する学習施設と教育プログラムを提供し、「ライフスキル」(生きていく上で必要な能力)や人生の価値を教えること』を活動目的として、ゴルフを通じて子供たちの健全な人間形成を行う取り組みをしております。

本協賛を通じて、当社がCSR活動の一環として掲げるスポーツ振興による社会貢献を図ってまいります。

特定非営利活動法人ザ・ファースト・ティ・オブ・ジャパン1
特定非営利活動法人ザ・ファースト・ティ・オブ・ジャパン2

スポーツ団体への協賛・スポンサード

レオパレス21は、施設の提供を通し多くのプロアスリートの支援を行い、協賛を通じた競技のさらなる発展と、スポーツ振興による社会貢献を目指していきます。

公益財団法人日本水泳連盟日本代表チームや公益社団法人日本ウエイトリフティング協会への協賛のほか、当社が事業を拡大しているASEAN地域での知名度向上に向け、男子プロゴルフトーナメント「レオパレス21ミャンマーオープン」のタイトルスポンサーとして2年連続協賛しています。また、レオパレスリゾート・グアムにてグアム政府観光局主催「グアム知事杯女子ゴルフトーナメント」を開催しています。

スポーツ団体への協賛・スポンサード
競泳の日本代表チームの強化合宿

競泳の日本代表チームの強化合宿
(レオパレスリゾート・グアム施設内)

日本ウエイトリフティング選手団

日本ウエイトリフティング選手団
(レオパレスリゾート・グアム施設内)

文化振興

『第25回日本陶芸展』に特別協賛

レオパレス21は、伝統工芸の活性化や日本文化の飛躍発展への貢献という趣旨に賛同して、毎日新聞社主催の「第25回日本陶芸展」に特別協賛しました。

日本陶芸展は、以下3部門の作品から実力日本一の陶芸作家が選ばれる、現代陶芸作家にとって最高峰の展覧会となります。

【第1部】 伝統(伝統を踏まえた創作作品)
【第2部】 自由造形(用途にとらわれない自由な造形による作品)
【第3部】 和・洋の食器(民芸・クラフト・プロダクトなど用途を持つあらゆる実用的な陶磁器)

今回、若さと創造性を最も感じさせる35歳以下の作家の作品を顕彰する賞として、新たに「U35 レオパレス賞」を新設しました。本協賛を通じて、当社がCSR活動の一環として掲げる文化振興による社会貢献を図ってまいります。

なお、展覧会は2019年3月28日の大丸東京店を皮切りに、大丸心斎橋店(大阪市)、茨城県陶芸美術館(笠間市)、西日本総合展示場(北九州市)などで開催予定です。

『第25回日本陶芸展』に特別協賛

日本陶芸展webサイト:https://www.mainichi.co.jp/tougei/

『生きる~2019New Year若い命を支えるコンサート』に協賛

レオパレス21は、小児がん患者やその家族の継続的支援および音楽文化への貢献という趣旨に賛同して、毎日新聞社主催の「生きる~2019New Year若い命を支えるコンサート」(以下、「生きるコンサート」)に協賛しました。

生きるコンサートは、2007年から横浜で開催されている全日本学生音楽コンクール「クラシック・ヨコハマ」の中で行われている、小児がんと闘う子どもたちを支援するキャンペーンです。音楽を楽しむと同時にキャンペーンへの理解を深めてもらうコンサートの趣旨が多くの方々に受け入れられており、今年で12年目の開催となります。

また、生きるコンサートでは「小児がん征圧募金」を行っており、小児がんの子どもへの支援や研究を行う団体※に贈呈されております。1996年に毎日新聞社と毎日新聞東京・大阪・西部社会事業団がはじめて以来、これまでの総額は3億2880万円になりました。
※昨年の生きるコンサートでの募金贈呈先(順不同)
がんの子供を守る会、難病のこども支援全国ネットワーク、スマイルオブキッズ、ファミリーハウス、メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン、白血病研究基金を育てる会、そらぷちキッズキャンプ、小児脳腫瘍の会、アジア・チャイルドケア・リーグ、パンダハウスを育てる会、ゴールドリボンネットワーク

なお、生きるコンサートは2019年1月14日(月・祝)に横浜みなとみらいホール(大ホール:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-6)で開催されます。

『生きる~2019New Year若い命を支えるコンサート』に協賛

生きるコンサートWebサイト:http://yokohama.mainichi-classic.jp/live.shtml

『第23 回世界のお巡りさんコンサートin タイ』に協賛

レオパレス21は、タイのバンコクにて海外不動産の仲介・紹介を行うなど、タイと親和性があることから、日本時間2018年11月24日~11月25日にタイのバンコクで開催された「第23回世界のお巡りさんコンサートinタイ」に協賛しました。

世界のお巡りさんコンサートは音楽を通して平和と友好、各国間の信頼と友情を築き、テロや犯罪、災害のない安全で安心な街づくりを目指す国際的な催しであり、23回目の本年はタイで初めて開催されました。

今回は初参加ながらホスト役のタイ国家警察音楽隊、近年高い人気と実力を誇るシンガポール警察音楽隊、昨年の開催地であるミャンマーよりミャンマー警察音楽隊、日本から毎年参加している警視庁音楽隊の4隊が参加し、市民との交流を深める音色がバンコク市内の街並みに響き渡りました。

本協賛を通じて、当社がCSR活動の一環として掲げる文化振興による社会貢献を図ってまいります。

パレードの様子(毎日新聞社提供)

パレードの様子(毎日新聞社提供)

4 隊合同フィナーレの様子(毎日新聞社提供)

4 隊合同フィナーレの様子(毎日新聞社提供)

公共団体等との連携

公益財団法人日本対がん協会と連携

3年連続で「ピンクリボンフェスティバル2018」へ協賛

公益財団法人日本対がん協会などが主催する、乳がんの早期発見・診断・治療の大切さを伝えるための活動である「ピンクリボンフェスティバル2018」に3年連続で協賛しました。参加者がピンクリボンのサポーターとして街を歩き、乳がん検診の大切さを広める「スマイルウオーク」が各地で開催され、レオパレス21は2018年10月13日に開催された「スマイルウオーク 東京大会」で参加者が自由に撮影できるピンクを基調とした可愛らしい撮影スポットの設置を行ったほか、入居者限定イベントとして体幹ウォーキングインストラクターによるウォーキングレッスンを実施しました。
レッスンやスマイルウオークに参加された方々からは「講師の話が分かりやすく、楽しく歩くことができました。」、「色んな方と話せて楽しかったです。」などの感想をいただきました。

女性活躍およびワークライフバランス向上に注力

レオパレス21は、「女性活躍推進研修の実施」、「テレワークの導入」、「ダイバーシティフォーラムの実施」など、女性が働きやすい環境整備を進めており、こうした取り組みが評価され、2017年3月に経済産業省と東京証券取引所が女性活躍推進に優れた企業を選定する「準なでしこ」に選定されました。

早期発見・治療のためにもセルフチェックや検診の受診を推奨する「ピンクリボンフェスティバル」への協賛など、レオパレス21は今後も女性活躍およびワークライフバランス向上につながる施策を通じて、社会と共に発展していく活動に取り組んでまいります。

ピンクリボンフェスティバル2018
ピンクリボンフェスティバル2018
神奈川県、横浜市と連携

『不動産利活用フォーラム』に特別協賛

レオパレス21は、近年社会問題となっている空き家問題に取り組む企業として、2017年7月17日に「あなたの実家を空き家にしない対策セミナー」(開催:神奈川県川崎市)に続き、2018年9月8日に「不動産利活用フォーラム」(開催:神奈川県横浜市/主催:神奈川新聞社・テレビ神奈川)に特別協賛しました。

不動産利活用フォーラムでは、地域の重点課題である「空き家・空き地」という社会問題について、様々な角度から参加者の皆さんと一緒に考えることをテーマに、不動産事業プロデューサーであるオラガ総研株式会社の牧野知弘氏をはじめ、ファイナンシャルプランナーやNPO法人、大学教授といった方々の講演やパネルディスカッションを実施。

今回、レオパレス21はフォーラム前後に開催される個別相談会及び企業出展ブースへ参加し、レオパレス21が行っている空き家対策のご案内や、空き家や不動産に課題を抱える参加者の情報収集及び問題解決に取り組んでおります。本協賛を通じて、当社がCSR活動の一環として掲げる公共団体等との連携による社会貢献を図ってまいります。

なお、レオパレス21は、2018年6月18日に、東京都が公募する「東京都空き家コーディネーター」の事業者として選定されました。
ニュースリリース:http://www.leopalace21.co.jp/news/2018/0618_2529.html

『不動産利活用フォーラム』に特別協賛

不動産利活用フォーラムwebサイト:http://www.unei-jimukyoku.jp/akiya/

札幌市との連携

「札幌市消防団協力事業所表示制度」に認定

札幌市が実施している「札幌市消防団協力事業所表示制度」とは、消防団と事業所の連携を促進し地域の防災力の強化を図ることを目的に、札幌市が消防団に協力している事業所に対して社会貢献の証として表示証を交付する制度です。

近年、消防団員の人員不足や高齢化が社会的課題となっています。レオパレス21は、これまで消防団活動を積極的に支援してまいりましたが、この度、2018年6月20日(水)に「札幌市消防団協力事業所表示制度」に認定されました。今後も、当社は社会貢献活動の一環として、消防団員募集チラシの作成、寄贈、イベントへの参加を通じて消防団活動を支援してまいります。

「札幌市消防団協力事業所表示制度」に認定
仙台市と連携

「WAKE UP!!(ワケアップ)仙台・ごみ減量キャラバン2017」に協力

仙台市では「1人1日あたりの家庭ごみ排出量450グラム以下」を目指し、2016年度より『WAKE UP!!(ワケアップ)仙台キャンペーン』を実施しております。2017年度は新たな取り組みとして、集合住宅が多い地域におけるごみの分別に関する調査啓発活動を実施しました。

レオパレス21は、キャンペーンの趣旨に賛同し、また仙台市内において賃貸アパートなど多くの集合住宅の運営、管理を行っていることから、『集合住宅ごみ集積所調査啓発キャラバン』(2017年11月1日~11月10日)に参加し、仙台市と連携して調査啓発活動に取り組みました。

WAKE UP!!(ワケアップ)

当社は今後も、「地域社会への貢献」を目的とした活動に積極的に協力し、地域での環境美化活動、安心して暮らせる街づくりに寄与してまいります。

地域社会への貢献
奈良県と連携

キャリア形成を支援する「女子大学生 ワーク&ライフEXPO」に参加

2017年10月21日(土)、奈良女子大学体育館において奈良県が主催する、女子大学生のキャリア形成・県内就職促進プロジェクト「女子大学生 ワーク&ライフEXPO」に参加しました。

「女子大学生 ワーク&ライフEXPO」は、女子大学生、大学院生、短期大学生、専門学校生、奈良高専生及び既卒3年未満の女性を対象とした就職支援イベントです。『プラチナくるみん』取得後、初となる女性活躍推進イベント参加になります。

キャリア形成を支援する「女子大学生 ワーク&ライフEXPO」に参加

女子大学生が本格的な就職活動を始める前に、先輩女性社会人のリアルな話を聞くことができ、企業との交流を通じて、「働く自分のイメージ」を描けるようサポートをしています。このイベントにおいて当社は、ステージ上での「県内企業パネルトーク」、丸テーブルを囲んで学生と交流する「企業テーブル」(産休後の賃貸店舗 女性店長が参加予定)、「制服試着コーナー」の3つのプログラムに参加し、女子大学生のキャリア形成を支援いたします。

国土交通省近畿運輸局と連携

参加費無料の「留学生セミナー&お食事会&座談会」開催

参加費無料の「留学生セミナー&お食事会&座談会」開催

国土交通省近畿運輸局と共同で、11月2日(木)16時より、レオパレスセンター大阪(大阪市北区浪速町14-22 8F)にて、海外からの留学生向けイベント「留学生セミナー&お食事会&座談会」を開催しました。
「留学生セミナー&お食事会&座談会」では、多くの留学生が苦労している面接対応や就活マナーなどについてのセミナー、日本でのお部屋探しの流れおよびレオパレス21が外国籍の方に提供しているサービスのご紹介を行いました。その後、参加留学生とのお食事会と座談会を実施しました。

セミナー等を通じて留学生をサポート

政府は2020年までに訪日客数を4,000万人にする目標を掲げていますが、大きな課題となっているのが、訪日客が日本に来てどのような点(場所や標識等)に困ったかを正確に把握し、日本での生活の不安を払拭することです。
レオパレス21では、日本にくる留学生をサポートするべく、国内外の拠点で母国語によるお部屋探しのお手伝いや入居後の相談窓口を設置しています。こうした取り組みが観光行政を担う国土交通省の課題解決に合致する部分があり、この度の共同開催にいたりました。また、今回のイベント開催には、厚生労働省大阪外国人雇用サービスセンターにもご協力をいただきます。

セミナー等を通じて留学生をサポート
千葉県と連携

『家族de決めよう!合言葉運動』 を実施

特殊詐欺の広報用名称として募集した「電話de詐欺」(でんわでさぎ)を広報活動に使用し、「安心・安全まちづくり」のため様々な取り組みを積極的に実施している千葉県の考えに賛同し、2017年10月より、千葉県内のレオパレスセンター11店舗で特殊詐欺(振り込め詐欺など)について注意喚起する『家族de決めよう!合言葉運動』を開始しました。
チラシを活用し、ご来店したお客様がご家族と電話で連絡する際の"合言葉"を決めていただくことで特殊詐欺被害防止の注意喚起を実施し、安心して暮らせる街づくりに寄与してまいります。

『家族de決めよう!合言葉運動』 を実施
茨城県と連携

働き方改革推進の一環として従業員が茨城県へトライアル移住

茨城県が推進する『茨城県 トライアル移住・二地域居住推進プロジェクト』は、茨城県が東京圏に立地する企業と協力し、従業員のトライアル移住を行うことで「働き方改革」や「地方進出」を積極的にサポートする取り組みです。

レオパレス21は本プロジェクトに賛同し、首都圏で官公庁向けの営業を担当している男性従業員および東京都内で人事業務に従事している男性従業員の合計2名がそれぞれ水戸市、守谷市に2017年8月から12月まで移住しました。IT技術を活用した在宅勤務を積極的に取り入れることにより、従業員の移動の負担を減らし、勤務の時間や場所に捉われない多様な働き方を推進します。レオパレス21は今後も、従業員が継続的に働ける環境を整備するための取り組みを、積極的に行ってまいります。

働き方改革推進の一環として従業員が茨城県へトライアル移住
埼玉県、埼玉県警察と連携

「防犯のまちづくりに関する協定」を締結

子供や女性、高齢者を犯罪被害から守るとともに街頭犯罪や侵入盗などの犯罪防止に向け、企業・県・県警の三者が連携して安全・安心な県民生活の実現を図ることを目的とした「防犯のまちづくりに関する協定」を埼玉県と埼玉県警察と2018年2月7日に締結しました。

当社物件に防犯カメラやセキュリティシステムの導入を引き続き推進するほか、事業所での「防犯ステッカー」貼付や埼玉県警察と連携しアパートオーナー様むけの防犯セミナーを実施することで、地域住民の安全・安心な生活をサポートしてまいります。

「防犯のまちづくりに関する協定」を締結
埼玉県、深谷市と連携

『ふかやシティハーフマラソン』とコラボ企画を実施

『ふかやシティハーフマラソン』は近代日本経済の父といわれる『渋沢栄一』生誕の地である、花のまちふかやの豊かな自然を肌で感じながら駆け抜ける大会として人気を博している、埼玉県深谷市の市民マラソンです。

当社は深谷市の活性化を支援するべく、地域社会貢献の一環として、2017年より『ふかやシティハーフマラソン』とコラボレーション企画を実施しております。2018年開催の際は、大会会場のステージにてレオパレス21看板リスの"レオパリスくん"とのじゃんけん大会や撮影会を行ったほか、企業ブースにてマグネットを扱ったDIY講座を実施しました。

『ふかやシティハーフマラソン』とコラボ企画を実施

また、当社の賃貸物件の壁紙を自由に変更できる「my DIY」サービスを活用し、"ふっかちゃん"をイメージしたお部屋を深谷市内のショールームで作り、2018年4月1日~30日の期間限定で一般公開いたしました。

沖縄県、那覇市と連携

「災害時における賃貸住宅の提供に関する協定」を締結

近年、大規模な自然災害が多発している中、那覇市では災害が発生した際の備えを 目的とした民間企業との連携による支援協定をおこなっています。
那覇市での災害発生時に被災者に対し、公営住宅や仮設住宅が十分に確保できない場合を想定し、当社が管理する賃貸住宅の情報提供及び住宅提供にて支援を行う「災害時における賃貸住宅の提供に関する協定」を締結しました。
官民連携による災害対策としての協定は、沖縄県及び当社としても初となります。

今後も住まいを提供する企業として、人々の安全・安心な暮らしを守ることはもちろん、災害時においても、地域住民の方々への支援活動を積極的に取り組んでまいります。

「災害時における賃貸住宅の提供に関する協定」を締結


3時間タイマー機能付きエアコンが設置されているお部屋にお住まいの入居者様へ

災害対応について
災害対応について

特別なお知らせ

  • レオパレス21各サイトの更新情報
  • オーナー様向けサービス クラスエル
  • オーナー様専用ホットライン
  • お問い合わせ
  • 広瀬すずさん出演 TVCMのご紹介
  • レオパレス21スポーツ協賛
  • レオパレス21文化協賛
  • EXECUTIVE MEMBERS

レオパリスくん、れおなちゃんの マンガでわかる レオパレス21

  • インターネットIR優良賞
  • Gomez / IRサイト総合ランキング銀賞(2017年10月)


レオパレス21のサービスサイト

© Leopalace21 Corporation. All Rights Reserved.