印刷
STEP3-2

レオパレス21の成長戦略を理解しよう
賃貸事業の戦略を知る

安定した入居率を確保するために、付加価値の提供による差別化戦略が求められています

日本の賃貸住宅の空家数は一貫して増加する中、総世帯数は減少する見込みですが、当社ターゲットである単身の生産年齢人口(15歳~64歳)は今後20年近く横ばいの見通しです。また、三大都市圏では人口の転入超過が続いています。当社の賃貸事業においては安定した入居率を確保するために、付加価値サービスの提供による差別化戦略が求められています。

既存物件の価値向上策

入居する部屋を自分好みにアレンジできる「my DIY」、大幅に機能を拡充したインターネットサービス「LEONET」、家電操作が可能になるIoT化、大手警備保障会社と提携したセキュリティサービスなど豊富な付加価値を提供します。

攻めのIT経営銘柄2018に選定

「賃貸物件初の顔認証システム」および「業界初のAI賃料査定システム」など、デジタル技術の活用において業界の先駆けとなる取り組みが評価され、経済産業省と東京証券取引所が選出する「攻めのIT経営銘柄2018」に選定されました。
選定は「Leo Remocon」および「賃貸契約の電子化」が評価された2017年に続き、2年連続となります。

入居者サービス

入居者専用サイトMY PAGEより利用可能な限定サービスを豊富に用意し、入居者満足度向上を図るとともに、他社との差別化を推進しています。

法人営業を更に強化します

企業収益の改善や人手不足により企業の採用は増加しています。当社では業種ごとのきめ細かい営業展開により法人営業を更に強化します。

入居者属性

全国上場企業の約80%とのお取引実績があり、契約戸数の約半数が法人利用です。

定量目標

レオパレス21の成長戦略について、もっと詳しく知りたい方はこちら

  • 社長メッセージ

    社長メッセージ

    代表取締役より、投資家の皆様へ、四半期ごとに経営の状況をお知らせします。

  • 役員紹介

    役員紹介

    取締役、監査役をご紹介します。

ページアクセスランキング



2019年3月期2Q



投資家の皆様へのお知らせ

印刷


レオパレス21のサービスサイト

© Leopalace21 Corporation. All Rights Reserved.