印刷

投資家通信 2017年11月号

「投資家通信」では、直近に発表した決算情報のポイントについてお伝えします。
合わせて四半期の間に公表された主なニュースリリースの概要についても掲載いたします。

平成30年3月期第2四半期決算 ~営業利益・経常利益、前年同期比増益~

11月10日(金)に発表した平成30年3月期第2四半期決算では、売上高は計画通り、不断のコスト見直しにより営業利益と経常利益は計画を超過し、前年同期比でも大きく改善しました。

売上高 258,740百万円 (前期比+1.4%)
営業利益 13,987百万円 (前期比+23.4%)
経常利益 13,827百万円 (前期比+28.7%)
純利益 9,488百万円 (前期比△2.1%)

売上高

売上高

営業利益

営業利益

経常利益

経常利益

純利益

純利益

決算のポイント

  • 入居率が好調。平均入居率は90.2%と前年同期比+1.84p、IoT化等の新たな施策により入居者サービスを拡充
  • 開発事業は採算性向上により粗利率が前年同期比1.5p改善
  • シルバー事業はデイサービス・ショートステイの稼働率改善により赤字幅が縮小
  • ホテルリゾート・その他事業は前期のホテル売却により前期比減収減益も採算性は計画通り
  • 保有不動産の売却による減損損失発生も、税効果でカバーして純利益も計画超過
  • 株主還元策として自社株買い及び自己株式の消却を実施
  • 総還元性向は96.4%を予定

お知らせ

ご相談・ご質問にAIチャットで回答する「LEO SUPPORT」サービスを10月15日より開始
AI inside株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡久地 択、以下 AI inside)、株式会社アドバンスド・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長 代表執行役員:鈴木 清幸、以下 アドバンスド・メディア)と共同で、入居者様の生活をサポートする新コンテンツ『LEO SUPPORT』を開発、10月15日より公開しました。なお、『LEO SUPPORT』は、入居者様の生活を総合的にサポートする入居様専用アプリ「LEO LIFE」へ搭載されます。
介護業界初!IoTとLoRa技術による「高齢者見守りシステム」の実証実験を開始
MTES株式会社(旧:MTエネルギー&ソリューションズ 所在地:東京都中央区、代表者:代表取締役 原田 隆朗、以下「MTES」)と共同で、レオパレス21が運営する介護施設「あずみ苑グランデ草加(埼玉県草加市)」において、利用者の見守りサービスの一環として、介護業界初となるIoTとLoRa(※1)技術による「高齢者見守りシステム」の実証実験を2017年9月25日から開始しました。
"※1 LoRaは、低消費電力、小データ量、広域守備範囲を特徴とする無線方式"LPWA" (Low Power, Wide Area)の一種です。最大伝送速度は250kbps程度、伝送距離は最大10km程度です。
不動産業界で唯一「Tポイント」サービスを搭載した自社ブランドクレジットカードを導入
株式会社アプラス(東京本部:東京都千代田区、社長:渡部晃、以下アプラス)と提携し、自社ブランドのクレジットカード『Tカード プラス(レオパレスメンバー)』を10月1日(日)より導入しました。この度導入する『Tカード プラス(レオパレスメンバー)』は、不動産賃貸業界において唯一「Tポイント」が貯まるクレジットカードであり、月額賃料の決済が可能です。
ホテルレオパレス札幌 新館開業
2017年10月14日(土)に当社が運営するホテルレオパレス札幌(札幌市中央区南2条西8丁目)の新館が開業しました。観光需要拡大に伴い、ホテルレオパレス札幌も、前年度の平均稼働率が90%超と好調に推移しており、従来の客室86室に加え、新館開業により109室を新設し、更なるインバウンド需要取り込みを図ります。

ページアクセスランキング



投資家の皆様へのお知らせ

印刷


レオパレス21のサービスサイト

© Leopalace21 Corporation. All Rights Reserved.