ニュースリリース

ウリレオPMC株式会社の本社移転のお知らせ

平成26年1月28日
株式会社レオパレス21

株式会社レオパレス21のグループ会社であるウリレオPMC株式会社(本社:大韓民国ソウル特別市江南区三成洞141-35 楠景センタービル17階、代表者:李載権、以下ウリレオPMC)は、本社を移転しましたのでお知らせします。

■移転の背景

ウリレオPMCの営業本格化に併せ、レオパレス21ソウル江南支店内に本社を移転することとしました。ソウル江南地区は、ソウル特別市を流れる漢江の南に位置し、大企業の本社や国際展示場を擁し、ビジネスや商業の新たな中心地となっています。併せて、韓国において最も裕福な人々が暮らしているとされる高級住宅地が整備されている地区でもあります。
今回の移転により、ウリレオPMCは、対象顧客としている富裕層へのアクセス利便性が向上し、営業面での効果が期待できます。

レオパレス21ソウル江南支店

レオパレス21ソウル江南支店

■レオパレス21グループにおけるウリレオPMCのポジショニング

韓国では1~2人世帯が増加傾向にあり、今後は小型住宅を中心とした需要が堅調に推移すると予想されます。加えて、不動産価格の低迷、金利の低下により、賃貸契約はチョンセ*からウォルセ*へ移行しています。これら要因を背景に、今後大きな成長が見込まれる韓国賃貸管理市場へ進出するため、ウリレオPMCを設立しました。
レオパレス21は、韓国で展開しているコンサルティング事業(賃貸仲介事業)とウリレオPMCの賃貸管理事業のシナジー効果を狙うとともに、将来的な建築請負事業も視野に入れつつ、事業を展開していく予定です。

*チョンセ: 高額の保証金を貸主に預け、借主は毎月の家賃を負担せず、退出時には保証金が全額返還される賃貸契約

*ウォルセ: 日本の賃貸契約に近い、借主は敷金の他に毎月の家賃を負担して、退出時に敷金が返還される賃貸契約

■ウリレオPMCの概要

住所 大韓民国ソウル特別市江南区三成洞141-35 楠景センタービル17階
代表者 李載権
資本金 7億ウォン
設立 2012年11月22日

ウリレオPMC株式会社 (韓国語サイト) (http://www.woorileopmc.com/)

本件に関するお問い合わせ

株式会社レオパレス21 広報グループTEL: 03-5350-0216



3時間タイマー機能付きエアコンが設置されているお部屋にお住まいの入居者様へ

災害対応について
災害対応について

特別なお知らせ

  • レオパレス21各サイトの更新情報
  • 短期でリーズナブルな借り方【民泊】
  • オーナー様向けサービス クラスエル
  • オーナー様専用ホットライン
  • お問い合わせ
  • EXECUTIVE MEMBERS

レオパリスくん、れおなちゃんの マンガでわかる レオパレス21

  • インターネットIR優良賞
  • Gomez / IRサイト総合ランキング銀賞(2018年10月)


レオパレス21のサービスサイト

© Leopalace21 Corporation. All Rights Reserved.