どうして、このようなことが起こったのか。(なぜ界壁が取り付けられていないのか)
現在、原因の究明を進めている段階ですが、当時の施工監理体制および検査体制に不備があったものと認識しております。2008年からの施工物件に関しては、本部によるチェック体制を整えており、現在では9回の社内検査に加え、第三者による検査を4回行い、品質管理に努めております。当社としては、本件の発生原因について十分に究明を行ったうえで、皆様にその進捗をご報告し、更なる再発防止策を講じる所存です。

↑ページ上部に戻る

現在の調査状況を教えてほしい。
当社施工物件の全棟調査を開始しております。進捗状況につきましては、随時特設ページにてお知らせいたします。

↑ページ上部に戻る

調査はどのように行うのか。
調査につきましては、ご所有者様及びご入居者様に事前にお知らせした上で、点検口より界壁の目視確認(界壁の有無、隙間、界壁が端部に達しているか)及び撮影によるデータ保存を実施いたします。※場合によっては、軒天上部に穴を開けさせていただくことがございます。

↑ページ上部に戻る

調査にはどの程度の時間がかかるのか。また、騒音は発生するのか。
調査に要する時間は、一部屋あたり1時間程度となります。
天井等に穴を開ける際、及び復旧する際に騒音及び振動が発生いたします。
極力ご迷惑にならないよう注意の上で、調査を行います。

↑ページ上部に戻る

補修工事には、どの程度の日数がかかるのか。
物件により補修方法や工程が異なりますが、準備期間を含め、部屋ごとの補修の場合は一部屋あたり数日、小屋裏全体の補修工事の場合は2週間程度の工程を想定しております。 なお、特定行政庁と協議した上での補修工事となりますので、上記期間はあくまでも目安となります。

↑ページ上部に戻る

界壁に不備があると、建物全体の構造にも影響があるのではないか。
通常、小屋裏及び天井裏部分の界壁については、施工に不備があったとしても建物全体の構造耐力に影響を与えることはありません。
※界壁が耐力壁に該当する場合は、その限りではありません。

↑ページ上部に戻る

公開されている全棟調査進捗状況の「界壁なし」と「不備あり」はどう違うのか。
「界壁なし」は該当項目について界壁が施工されていない状態で、「不備あり」は界壁は施工されておりますが、一部に欠損や隙間等がある状態です。

↑ページ上部に戻る

4月27日付のプレスリリースには、対象物件について「当社は安全性があると考えております」との記載があるが、建築基準法違反ではないのか。
一部の特定行政庁からは建築基準法違反であるとのご指摘を受けているのは事実でございます。 皆様にご迷惑をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。改めて原因究明を行ってまいります。

↑ページ上部に戻る

第2四半期の決算で特別損失として計上した引当金の金額の算定根拠を教えてほしい。また、具体的な費用項目としては、どのようなものが想定されるか。
2018年10月17日時点の最新の全棟調査進捗状況における不備の発生率の変動等により、引当金を約20億円積み増し、平成31年3月期第2四半期末時点で累計約71億円を界壁施工不備の補修にかかる特別損失として計上しました。 界壁施工費用という直接費用に加えて、付帯費用として独立した一級建築士や第三者機関への外部調査費用、入居者様や他社管理物件所有者様への補償費用等が含まれます。

↑ページ上部に戻る



お問い合わせ先

当社管理物件の入居者様フリーコール
0120-911-165(受付:10:00-19:00)
当社管理物件以外の入居者様フリーコール
0120-911-165(受付:10:00-19:00)
当社管理物件のオーナー様フリーコール
0120-082-991(受付:10:00-19:00 ※水曜日 10:00-18:00)
※施工不備に関するお問い合わせは、ガイダンス「3番」を
選択してください
当社管理物件以外のオーナー様フリーコール
0120-082-991(受付:10:00-19:00 ※水曜日 10:00-18:00)
※施工不備に関するお問い合わせは、ガイダンス「3番」を
選択してください
当社施工物件の管理会社様フリーコール
0120-082-991(受付:10:00-19:00 ※水曜日 10:00-18:00)
※施工不備に関するお問い合わせは、ガイダンス「3番」を
選択してください
株主様IR推進室
03-5350-0216(受付:9:00-18:00 定休日:土日祝)
行政関係者様専用ダイヤル
03-5350-0134(受付:9:00-18:00 定休日:土日祝)
報道機関様広報部
03-5350-0445(受付:9:00-18:00 定休日:土日祝)