ニュースリリース

LOVIE第一号任意組合、好評のうちに組合組成完了

少額から投資可能な不動産小口化商品として相続税の節税効果も

平成29年12月25日
株式会社レオパレス21

株式会社レオパレス21(本社:東京都中野区、社長:深山英世、以下:レオパレス21)は、「LOVIE麻布十番」、「LOVIE文京音羽」を投資対象不動産とし、任意組合型のスキームを利用した不動産特定共同事業商品である『LOVIE第一号任意組合』を、12月18日に総額24億6千万円で組成完了し、2018年1月より不動産運用を開始します。

LOVIE 麻布十番エントランス

LOVIE 麻布十番
エントランス

LOVIE 麻布十番顔認証システム

LOVIE 文京音羽
居室

レオパレス21は、2017年10月20日、国土交通省・金融庁から不動産特定共同事業者としての許可を受け、「LOVIE 麻布十番」、「LOVIE 文京音羽」の2棟を投資対象不動産として『LOVIE第一号任意組合』の募集を開始し、好評のうちに組合組成が完了いたしました。「LOVIE 麻布十番」、「LOVIE 文京音羽」はともに東京都の中心エリアに位置する優良物件で、「LOVIE 麻布十番」は賃貸業界で初めて「エントランス顔認証システム」を導入した物件です。

本物件の運用期間中に得られる収入は、出資した口数に応じて定期的に分配し、運用終了時には対象不動産を売却し、その収益を分配します。さらに、「任意組合型」のスキームを採用していることから、出資した口数に応じて対象不動産の持ち分を保有することとなるため、実物不動産と同様に相続税の節税効果も期待できます。

2018年1月末には、銀座東に新たな「LOVIE」シリーズのマンションが竣工予定であり、『LOVIE第二号任意組合』として募集を開始予定です。本物件は「Leo Remocon」、大手賃貸業界初のスマートロックである「Leo Lock」、また、LOVIE麻布十番で賃貸業界初の導入となった「エントランス顔認証システム」の全てを導入し、住宅IoT化を実現する最新鋭のIT賃貸住宅となります。

■事業スキーム図

事業スキーム図

株式会社レオパレス21について

レオパレス21は、1973年の設立以来、「新しい価値の創造」を企業理念に掲げ、アパートの賃貸事業と開発事業をコア事業として展開しています。賃貸事業では、個人のお客様だけでなく、法人のニーズにも対応し、国内上場企業のうち、約8割の企業にご利用いただいております(延べ利用実績)。この他にも、シルバー事業、ホテル・リゾート事業など、お客様の満足度を高める事業を多角的に展開しています。
また当社では「攻めのIT経営銘柄」(戦略的IT利活用の促進)、「プラチナくるみん」(子育てサポート)、「準なでしこ」(女性活躍推進)、「ホワイト500」(健康経営)、「イクボス同盟」(人材教育)などの認定を取得し、中長期の企業価値向上に向けた取り組みを積極的に推進しています。

株式会社レオパレス21について

■本件に関するお問い合わせ

株式会社レオパレス21 コーポレート・コミュニケーション推進室 TEL:03-5350-0445


大阪北部地震災害

特別なお知らせ

  • レオパレス21各サイトの更新情報
  • オーナー様向けサービス クラスエル
  • オーナー様専用ホットライン
  • お問い合わせ
  • 広瀬すずさん出演 TVCMのご紹介
  • レオパレス21スポーツ協賛
  • EXECUTIVE MEMBERS

レオパリスくん、れおなちゃんの マンガでわかる レオパレス21

  • インターネットIR優良賞
  • Gomez / IRサイト総合ランキング銀賞(2017年10月)


レオパレス21のサービスサイト

© Leopalace21 Corporation. All Rights Reserved.