個人投資家の皆様へ individual

レオパレス21のビジネスモデル

アパートの建築・賃貸・管理を行う賃貸事業と、 介護付き・住宅型有料老人ホームなどの運営を行うシルバー事業、グアムリゾートの運営を中心とするその他事業の3つのセグメントで構成しています。
2020年の抜本的な事業戦略再構築の公表以降、賃貸事業を中核事業とする戦略をとっており、現在では売上高の9割を賃貸事業が占めています。

レオパレス21の歩み

一括借上システムの構築や家具・家電付きの「マンスリーレオパレス」の提供など、賃貸住宅市場の移り変わりとともに、レオパレス21の賃貸事業は進化を続けてまいりました。近年は、WEB契約の推進やスマートロックの導入など、サービス向上の取り組みとして「不動産テック」を推進しています。

強みと競争優位性

3つの強みと競争優位性により、レオパレス21の賃貸住宅は多くの入居者様にご利用頂いています。

  • 全国で 56 万室の家具・家電付きワンルームを提供

  • 人事総務の業務負担軽減により約80%の上場企業が利用
    (窓口の一本化/全国同水準/経費の削減)

  • 時代の変化をとらえ進化させた他社にはない独自の賃貸ノウハウ

市場環境

市場を取り巻く環境の変化により、賃貸住宅の需要も変化します。レオパレス21の賃貸住宅は、単身世帯向けであること、法人利用が約60%を占めること、入居者様が多国籍であることから、単独世帯数、有効求人倍率、外国籍入国者数などが主な外部指標としてあげられます。

業績推移

施工不備問題の発覚、新型コロナウイルスの感染拡大により、2019年3月期から3期連続の純損失を計上しましたが、構造改革に継続して取り組むことで入居率が改善し、2022年3月期からは2期連続の最終黒字となりました。2024年3月期も引き続き入居率の向上に取り組み、3期連続の最終黒字を目指します。

株主還元

誠に遺憾ではございますが、当社は2020年3月期以降、配当を見送らせていただいています。今後は早期の復配を目指し、純利益の計上により資本の強化を図るとともに、株主還元(復配・自社株買い)の実施について検討を進めてまいります。

メルマガ登録

当社IRに関する情報について、
ご登録のメールアドレスにお知らせいたします。

外部からの評価