リスクマネジメント

リスク管理体制

リスク管理体制につきましては、当社グループのリスクを統括的に把握・管理するため、取締役会の諮問機関としてリスク管理委員会を設置して全社的なリスク管理を行っております。リスク管理委員会は、代表取締役社長を委員長とし、弁護士等の社外専門家を含めた委員で構成され、リスク管理状況の確認を行うとともに、研修等を企画実行し、リスクの低減および未然防止に努めております。
各部門は担当する業務に関し、リスクを抽出・分析し、リスク対策を立てて管理し、これをリスク管理委員会に報告します。リスク管理委員会では、各部門のリスク管理について、適正な管理となるよう協議・指導を行っております。

情報管理体制

レオパレス21グループでは、保有する全ての情報資産を経営に欠かせない重要な資産と位置付け、厳格な管理と運用に努めるため、情報セキュリティに関する基本方針を定めております。
また、情報セキュリティに問題点が発見され、重大な影響を及ぼすと判断した場合は、リスク管理委員会あるいはコンプライアンス委員会に対して必要な報告を行っております。